Simple Life 365

福岡在住 スボラ主婦の 「シンプルライフ」「家事ラク」「ミニマリスト」への道 研究ブログ

一汁一菜か二菜 粗食で晩ごはんの呪いを解く

f:id:simplelifelesson:20160203214939j:plain

少しはずかしめの今週の晩ごはんです。

子供と私だけなので、

どうしても

菜の花のお浸しとか、

茄子の揚げ浸しとか、

今は季節じゃないけど大好きなゴーヤチャンプルなんかの登場は少ないです。




「服を買うなら捨てなさい」(地曳いくこ著)


「フランス人は服を10着しか持たない」



等で「一週間毎日、違うコーディネートをしなくちゃ恥ずかしい」は日本人に掛けられている呪い(笑)

と書いてある一文を読んで私の服への呪いが一瞬で溶けたように

「たくさんの品数とたっぷり満足な夕飯を出すべき」はやっぱり日本人にかけられた呪いなんじゃないかと感じました。



北欧や、ヨーロッパなんかはビックリするほど質素な夕食を食べていたりもしますし
(パンとスープだけとか、チーズとパンだけとか。)

昔は、ご飯と味噌汁、にタクワン数枚、

そこにほんのすこしの野菜の煮物があるかないか

だったのは、そんなに大昔の話じゃないですよね。



我が家は夕飯を少しずつ質素にしていってます。


(もう少し野菜中心にはしたいところですが)

服を買うなら、捨てなさい

服を買うなら、捨てなさい

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~