Simple Life 365

福岡在住 スボラ主婦の 「シンプルライフ」「家事ラク」「ミニマリスト」への道 研究ブログ

読書日記:「モノが減ると家事も減る家事の断捨離」(やましたひでこ)

断捨離という言葉、概念の生みの親

やましたひでこさんの

「ものが減ると家事も減る家事の断捨離」

読みました。

つくりおきや洗い物など家事をまとめるのではなく、

とにかく「マメにやる。」


家事とはむしろそういうもの。


「家計簿をやめる」 むしろ贅沢をする

「つくりおきをやめる」 その時その時食べたいものを食べたい量食べる


かつては「つくおき」などを参考に常備菜作りなどをしていた私も


”ちょうど!”おもっていたところ(笑)でした。



我が家の場合は

食べ盛りの運動部の子供がいて 現実的に作り置くことができなかった。

余らない・・・!という理由と


それに・・・

なんとなくやっぱり料理にはフレッシュさというか


都度都度”のエネルギーが宿るんですよね。



やましたひでこさんも本の中でおっしゃられていたように


一週間分も作り置こうとすると2,3時間もキッチンにいなくてはならず


休日を潰すことになったりかえって腰が重くなってしまう。


家事とはこまめにやればやるほどラクになる。と。



なるほど・・・!